貧相と痩せるの相関関係

福の神をイメージした時にふくよかな肥満体をイメージして貧乏神は逆に痩せていて貧相なイメージが頭に浮かんだとしたら貴方はノーマルな人間ですし世間のほぼすべてがあなたと同じ感覚だと思います。

まぁ福の神様が急に思い立って必死にダイエットに励みましてスリムな体つきになったとしたら他の神様からクレームが殺到して、福の神の座を誰かに譲らなくてはならない事になってしまうとか、痩せた体で出て行っても偽物呼ばわりされてしまうのではないでしょうか?

さてですね!だらしない感じの単なるデブはさておきまして、やはり金持ちとか裕福な人をイメージするとどちらかというと肥満体になってしまいますし、実際に社会生活におきまして外見から相手に与えるイメージで確実に自分に対する扱いが変わって来るのが現実ですよね?

具体的に書きますと恰幅の良い男性と貧相な痩せた男性(女性でも全く同じ結果にかりますけど)高級ブティックでも飲食店でも出かけて行った時にですね、ほぼ100%の確率で扱いに格段又は微妙な差が出てくるのですよ。

もし仮に恰幅の良い人と貧相な人が同時に宝石店に入ってきたとすると店員は恰幅の良い客に対しては丁寧な接客をいたしまして、逆に貧相な来店客に対しては万引きしないように注意するなんて事になるわけですよ。

これは接客に訓練された高級店でもと言うか高級店ほど見た目でお客を素早く判断並びにランク付け致しまして、扱いを変えるというのが日本でも世界でも日常的に行われているのが日常なのであります。

この辺りは一定の年齢に達している場合ほど注意を払わなくてはいけない事になって来るのであります。

つまりダイエットとか痩せるって事の目的に他人の目ってのが上位にランクされるのですけど、トータル的な外見の話になるわけですけど、見事に90日で10キロ痩せました、結果としてなんだか全体的に貧相なイメージになってしまって、何一つ得する事になりませんでしたじゃ困りますよね?

ですから体重が何キロとかいう事は二の次の話になりまして、他人からみた自分の姿をイメージして、その理想の体型になったら別に体重は大きな問題ではありませんし、極端な肥満体とか痩身体になるわけはないのです。

それよりも外見から人に与えるイメージというのは非常に強烈なものがありまして、イメージが実際の扱いとか諸々に関係してくるのですから、少なくとも40歳以上の男性の場合は単に痩せているとか太っているなんて事は大きな問題ではなくて、他人に与える印象のほうを最重要課題に致しまして理想の体型を目指すのが良いと思います。

このページのAI朗読【字幕付き】