カプサイシン(唐辛子)ダイエットは失敗すると思います。

原理はですねとても理にかなっていましてカプサイシンという物質は発汗作用があって脂肪も燃焼するのでダイエットになる、厳しい運動などしなくてもお食事時に懐からマイ唐辛子を取り出して振りかけるだけのお手軽ダイエットと実に素晴らしいと思います。

ただ問題はですね発汗作用がありますから当然ですが水分補給しちゃいますし、しないと体に良くないですし、それにそもそも唐辛子という古来からある香辛料は食欲増進作用があるのですから、食欲とのタタカイの最中に逆効果なわけですよ。

例えて言うなら敵に塩を送ると言いますか、体脂肪や食欲との長いタタカイをしている最中に敵の食欲軍が元気になるようなスペシャルドリンクをせっせと補給してあげちゃうみたいな感じでしょうか

ですから原理的にはカプサイシン(唐辛子)ダイエットは効果的だと言えるのでしょうけど、それは人の感情を無視しないと効果を出すことが出来ないのでありまして、やはり少しばかり無理があったような気がいたします。

ではカプサイシンの成分のみを体内に取り入れて食欲増進作用を無くしたらどうかなんて考えも浮かんだのでありますけど、だったら最初から何も食べなければ良い話でして、別に唐辛子は食事をおいしくするための脇役として活躍して頂ければ良いのではないでしょうか?

まぁ幾つになっても理想の体型を維持している人は変なダイエット食品などに頼ることなく、体を動かしてカロリーを消費する事や摂取カロリーに気を配ったり適切な量を食べることによって体型を維持している人ばかりなのですから、あくまでもダイエット食品はほんの補助として考えたほうが良いと思います。

追伸

私個人としては唐辛子の類や辛子明太子は大好物で昔は鬼のように唐辛子を振りかけた天ぷらそばなど食べていたものですが、結果として汗だく状態になって気持ちが良くないので適度な量に抑えていますが、焼き肉の場合ですとコチュジャンを使用しまして、食欲がパワーアップしてしまってどんぶり飯をお代わりしてしまって、お腹がせり出してからいつも後悔してしまうのですけど、やっぱり食欲に火をつけてしまいましたら、それを自らの意志で抑え込むのは至難の業なのですよね?

だってそれは意志の力と拮抗する力を持った本能の力なんですから、そっちに加勢する唐辛子ダイエットはやっぱり成功しないと切に思うのです。

鉄のような意志を持っていたら成功するのでしょうけど、そんな強い意志を持っている人なら、ダイエット何とかなど一切頼る必要はないですからね?

このページのAI朗読【字幕付き】