リバウンドの原因はコンフォートゾーン?

コンフォートゾーンとは各個人がに染みついている自分がいるべきポジションとでも表現すれば良いのでしょうか、メンタルな部分が現実に形になって現れるという感じなのですが、もう少し解り易く書いてみます。

いつもテストで50点くらいの子が、ある日いきなり100点を取ったとしてもコンフォートゾーンが染みついてしまっていると、次のテストは30点とかになってしまって結局は平均で50点になるみたいな話です。

まぁ更に噛み砕きますと、たまたま良い点とか成績とか売り上げをあげた時に、もう自分でこんなのはマグレ何時までも続かないとか実力じゃないって自己暗示をかけてしまているから、自分に正直にと言いますか自分が思っているところに落ち着いてしまうって話です。

リバウンドの原因

一般的には急激な体重変化によって揺り戻しが起きるみたいな事が通説になっているわけですけど、これは長年慣れ親しんだ肥満体系に自分のコンフォートゾーンがセットされてしまっているから、そこから外れた体型に危機感を覚えてしまって元に戻してしまうってのがリバウンドの本当の原因だと思います。

理想の体型つくりは先にコンフォートゾーンを変えるほうが楽

よくですね引退したスポーツ選手に多いのですけど数年のうちに昔の体型は見る影もなくなって肥満体系になってしまうなんてのはごく普通の事だと思いますけど、それは単に運動しなくなってカロリー消費より摂取カロリーが多いという事もありますけど、やっぱり気持ちがアスリートじゃなくなってしまって、一般人になってしまった所が大きいと思うのでありまして、気持ちが変わっていなければ運動量が減ったとしてもちゃんとメンタル面が行動に影響を与えて急に肥満体系になる事はないと思います。

自分の気持ちを先に変える方法

色々ありますけど例えば先に理想の体型になって初めて着ることが出来る洋服を先に買ってしまって見えるところに吊るしておくなんてお金のかかる方法も有りますけど、もっと簡単にお金もかからないで出来ることは、毎日鏡の自分に向かって語り掛ける事だと思います。

「今の肥満体系は本当の自分じゃない・・もっとスタイルが良いのが本当の私だ・・」

まぁ誰も見ていないところで自分に向かって言うのですから何を言っても構わないと思いますが、繰り返しそうですね100日も自分に言い聞かせていますと、いつの間にか気持ちが変わってきてコンフォートゾーンも必ず変わって来るのですよ。

コンフォートゾーンが変わってしまえば今度は特に何の努力もしなくても勝手に理想の体型に変わっていってしまうのです。

このページのAI朗読【字幕付き】