節約と粗食と節約型ダイエット

聞くところによりますとここの所の大型不況で外食を控えて自宅で自分で調理するようになったり、自動車から自転車で移動するようになった人の中には別にダイエットなど一切考えなかったのに結果として適性体重に減って随分と結構的になった人が多いと聞きます。

ですからダイエットに挑戦する場合に経済的に見れば二つのグループに分けることが出来るって事になるのではないでしょうか?

一般的にはダイエット器具を買い込んだり、割高なローカロリー食品を購入したり人によってはダイエット合宿ですとかダイエット入院までやってしまう資金と投入型と、もう一つは節約献立とか自転車通勤とか外食を控えるとか、逆に節約によってお金も浮いて家計も助かって結果的にダイエットにも成功しちゃうタイプですよね。

まぁ日本の経済事情を考えますとお金に余裕がある人でしたら、せっせと散財して頂きまして日本経済に貢献して頂ければ良いと思いますが、何らかの事情で節約しなくてはいけなくなったとか、将来に備えて貯金を考えた人でしたら節約型のダイエットを考えるのも一つの手ではないでしょうかね?

具体的な方法については書くまでも無いと思いますが、まず食費を4人家族でも月に三万円に致しまして一駅くらいとかバスで20分くらいの距離でしたら徒歩や自転車を使うとか、別にダイエットなどを全然考えないで節約に努めれば、知らない間に貯金の残高が増加してお腹も引っ込んでいると思いますよ。

ただまぁ基本的には節約疲れって現象がちょうどリバウンドのように有るそうですから、例えば節約ダイエットによっ月に2万円の余裕ができたら三ヶ月に一回は予算2万円で家族でレストランに食事に行くなり、何らかの節約疲れ防止策を講じる必要があると思いますけどね。

しっかしまぁ日本ではメタボ検診なんてものが始まった途端に大型不況がやってきたのでありまして、ちょうど良いタイミングと言いますか間が悪いと言いますが、不思議なめぐり合わせですよね?

まぁ別に節約献立で粗食であっても料理法によってビックりするくらい美味しくなるのですから、このあたりも研究いたしましたら食生活も豊かになって節約も出来て一石二鳥なのでは無いでしょうか?

追伸

飽食の時代は終わったと言われますが、食料自給率が半分以下の国でメタボマンにメタボレディが沢山いるのがおかしいのでありまして、海外では食べ物に困っている人も多いのですから、いい加減にしないとバチがあたりますよね。

このページのAI朗読【字幕付き】