ダイエットモニターと体験談

一ヶ月で5キロも痩せて体重150キロになりましたなんて体験者の談話が写真付きで出てくるってのは、ダイエット関連商品と開運関係ならではの話なので有りますが、うがった見方を致しますと販売元が効能や効果として正々堂々と明示できないような内容でも、体験者の談話を掲載しているだけって事で有れば、不当表示だとの判定をすり抜けて、しかも消費者に対しては、しっかりと購入するように痩身効果をお伝えできるってわけですから、ダイエット関連商品と体験者の談話ってのは切っても切れないわけなのでしょうね?

もちろん商品の効能を消費者にしっかりと伝える手段として体験談を掲載する事は認められるべきだと思いますし、それも情報の一つだとは思いますが、どうも後になって何の効果もないって事で公正取引委員会とか経産省に指導を受けた業者とか商品までしっかりと、体験者の成功談みたいな物が掲載されちゃったりしているのが現実ですから、何らかの規制は必要でしょうね?

例えば体験談の掲載に支払う謝礼の額に上限を設定する事から始まりまして、実際のデーター以外を掲載した場合の罰則規定を表示法違反なんて生ぬるいものでは無くて、詐欺容疑くらいの対応をしても全然構わないと思いますね。

実際にその手の商品を購入する時の決め手になるのはやっぱり体験者の談話だって人も多いですからね。

それとついでに類似する事なので書いておきますと、レビューとか商品を購入した人が書き込む掲示板見たいなやつ、口コミ掲示板とでも言えば良いのだと思いますけど、そこに書き込む商品の感想についても、結構好意的な書き込みを請け負うような業者が存在しておりまして、簡単に説明してしまいますと業者が営利目的で好意的な記事を書く事を商売としている事が有りますよって事なんですね。

まぁ何と言いますか正直者が馬鹿を見る?法律に違反しなければ何をやっても構わないみたいな考え方が政治家も産業界もすっかり浸透しつつあるような世の中になってしまいまして、そーゆー人達に良心を求めてもきっと無理でしょうから、やっぱり何らかの法律の整備によって排除しなくてはいけないのでは無いでしょうかね?

追伸
有名人やスターが広告宣伝塔になって商品を売るってのは、ごく一般的にコマーシャルの世界で行われている事なのですが、今まで使った事もない商品でも彼らはギャラを貰って、笑顔でお勧めするのですが、それでしっかり広告宣伝効果が出ちゃうわけですから、何を言っても始まらないのでしょうかね?

このページのAI朗読【字幕付き】