CS放送とダイエット関連商品の通信販売

時代劇チャンネルを中心としてCS放送を目にする事が有るのですが、何と言いますかCS放送を見ている人ってのは街頭テレビで見ている事は殆ど有りませんから、大部分の人が自宅の居間とかソファーに座ってとか楽な姿勢でテレビ画面鑑賞の姿勢に入っている訳ですから、まぁダイエット関連商品ですとか健康補助食品などのターゲットとしては最適と考えたのかCS放送の場合は実にその手のテレビショッピングの時間枠が多いように感じますね。

まぁ率直な感想を書いてしまいますと、ソファーに座ってテレビのリモコンを片手にカロリー消費を最低限にしつつダイエット関連商品の通信販売でよさげなものを物色しているのであれば、素早くテレビの電源を落として、スニーカーを履いて外に出ていったほうが健康的だと思うのですが、まぁCS放送がそんな事を推奨する訳はないですから、視聴者を引きつける番組を放送して、視聴者をテレビ画面の前に釘付けにしまして、ダイエット関連商品や健康補助食品の類を販売するって図式が続くのでしょうかね?

ただ個人的には地上波のように映画でもドラマでも途中で細かくコマーシャルで分断されてしまうよりも、CS放送のように基本的に本編の放送は途中でのコマーシャルの挿入を余りしないで最後にまとめて通信販売の類を放送してくれたほうが、本編のドラマや映画に没頭できますし、録画した事はありませんが予約して録画しておく時なども便利なのではないでしょうかね?

それに、今まで雑誌とかの紙媒体が中心だったダイエット関連商品の広告宣伝もやはり、テレビ画面から放送されるって事でより具体的にイメージを掴む事が可能になりますので、消費者にとっても良い事かもしれないですよね。

つまりそんな訳で健康食品やダイエット関連商品の通信販売と、CS放送の相性は取っても良いってのが結論なのでありまして、別にケチを付ける気はないのです。

追伸
先ほどテレビ画面からビリーズブートキャンプの劣化コピーのようなダイエット体操だかダンスのDVDのプロモーションだか広告が放送されていましたけど、まぁその手のダンスとか体操の類を紙媒体とかラジオ放送などで伝えようとしても、それは至難の業って事になってしまうと思いますけど、流石にテレビ放送でしたら一目瞭然でどんな内容か分かりますので、販売する側にとっても買う側にとっても、とっても便利なのでは無いでしょうかね?

このページのAI朗読【字幕付き】