貧乏太り

基本的には貧乏状態ですと食事に充分なお金を投じる事が出来ませんから、痩せたスリム体型になるのが普通なのですが、聞くところによりますと貧乏太りなる現象が有ると聞き及びますので今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

ではまず貧乏太りになってしまう原因を考えられる範囲で書いて見ようと思います。

まず一番はどうしてもお金がないと低価格で高カロリーの食事やデンプン質中心の食事になってしまうようで、カップラーメンの毎日で栄養を補う為に卵を入れて汁まで必ず全部飲み干す食事ですとか、100円のハンバーガーに代表されるような食事の連続ですとか、砂糖がたっぷり入った清涼飲料水を食事の代わりに摂取するような事をやっていますと、貧乏太り状態になってしまうのでは無いでしょうかね?

それとこれは貧乏とは少々関係が薄いのですが、不規則な食生活と食べられる時に出来るだけ栄養を摂取しておくような食事状態では、体のほうもそれに反応しまして、栄養を脂肪の形で体内に蓄積しようと致しますので、これも貧乏太りの原因の一つだって言う事が出来るでしょうね。

ただ食べ物を残せないので、食べ過ぎてしまって太るって推測に関しては逆に残さない程度に用意すれば良いのですから、じゃあ食事を残しましょうって考えには行かないほうが良いでしょうね?

で貧乏太りについて私なりの感想を書こうと思いますが、お金がない時にもタバコは止めないなんて人も居ますし、まず食費を削減するって人も多いのでは無いかと思いますが、健康な体ってのは貧乏から抜け出す為の最低限の条件のような物で有りまして、他に我慢できるところが有ればそちをら節約して食事だけは規則正しくまともな食生活を送りまして、普通の体型を維持したほうが良いでしょうね。

追伸
まあ他の貧しい国の人から見れば、太っていて貧乏だってのは理解できないでしょうし、贅沢だって事になってしまうような気が致しますが、最近では富裕層のほうが健康管理ですとか体型に維持にお金を使って、スリムな体型を維持する方向に有るような気も致しますので、太っている事が裕福の証明のような事はほぼ消滅したのでは無いでしょうかね?

ただまあ痩せる為にダイエットにお金をかけるってのも、最初から余分なカロリーを摂取しなければ余計なお金も時間も一切かからないのは当たり前の話なので有りまして、おかしな状態である事は間違いないのでは無いでしょうかね?

このページのAI朗読【字幕付き】