砂糖と肥満とアグネスチャン

砂糖を科学する会のCMを聞いたことが有るでしょうか?

砂糖を守護星として持つ人達が集まった・・・てのは真っ赤な嘘で、砂糖を科学的に検証して、悪役・肥満の大敵のイメージが強い砂糖の立場を向上しようと、日夜頑張る集団のようです。

何だか最近の風潮は砂糖控えめでほんのり甘いってのが好まれるようで、私自身も甘さが強い食べ物は基本的にパスなのでありまして一人一人が少々の砂糖の消費減でも日本中になると莫大な量の砂糖の消費減になっているのだと思いますが、それにしては肥満体は減っていませんし、ダイエット業界は元気ですよね。

このコマーシャルの中で 我らがアグネスチャン曰く

「砂糖は肥満の直接の原因ではありません」とはっきり言いきっておられます。

そこまではっきりと発言をされますと、アグネスチャンはユニセフとかのエライ活動もしていらっしゃるエライ方ですので、そのまま100%肯定してしまうのであります。

まあ、直接の原因ではないって事は、間接的原因かもしれない
とか
虫歯の問題とか
難しい話は今回は出さないようにしようと思います。

砂糖を沢山食べて、歯を磨かないで、虫歯になって、食事がちゃんと取れなくなって、結果としてダイエットってのはNG・・・・・ですよね。

CM第2段でアグネスチャンが
砂糖ダイエット
ってのは出てこないでしょうね? きっと

追伸

これを書いていて下らない事を思いついてしまいました。

砂糖を食べると痩せます。

但し、砂糖を含む物を口にしたら歯を磨いてはいけません。

歯を磨かないと虫歯になりますので、十分に食事をとる事が出来なくなってカロリー摂取量を抑える事が出来ます。

失礼いたしました。

ついでに書きますと、昔々の日本では砂糖なんてものは超が付く貴重品で、大名位しか口に出来なかったようですし、明治の時代になっても相当の高級品と言いますか高価な品であって、砂糖を沢山使ったすき焼きなどはまさに、高級なご馳走で砂糖の量でその家の裕福度合いが分かったななんて話を何処かで読んだ事が有ります。

所が最近は何だか生鮮スーパーの特売の目玉の定番みたいな所が有りまして、一キロ200円以下で販売されて居るのですから時代も随分と変わったのでありまして、昔の人が見たらびっくりするでしょうね。

追伸2
アグネスちゃんさんは日本の芸能界からはすっかり引退して既に数十年が経ちますが、未だに若き日の面影を充分残して流石はもとアイドルって感じですし、ユニセフでの活躍など、相当の能力と人格の持ち主だなって思いますね。

このページのAI朗読【字幕付き】