体脂肪計

ここ数年体脂肪計の出荷がうなぎ上りに増えているようです、これはダイエットブームに比例して伸びていることは言うまでも有りませんね?

2008年には政府主導のダイエット作戦?メタボ対策が発動されまして国を挙げて肥満の撲滅に走る事を決定したようですから、体脂肪計の売り上げも更に伸びるのでは無いでしょうかね?

ここ数年、ダイエットはただ痩せれば良いというダイエットでは無くなってきたのが、体脂肪計の売れ行き好調の理由のようで、脂肪を減らして脂肪の変わりに筋肉をつけるって所ですね。

ただ、人間の体脂肪を測るには中々技術的に難しいところが有るようで、原理としては体の中に有る体脂肪率によって電気を通しやすいかどうかが変わってくるそうで、基本的に微弱な電気を通してその抵抗で体脂肪率を割り出すようです。

まあ体脂肪計を体に当てて(握って)電気を通して体脂肪率を割り出すだけですから、完全に正確な体脂肪を割り出す事は難しいようで、メーカーにより出てくる体脂肪率にばらつきがあるそうです。

しかしながら、どのメーカーもある程度の精度は出しているようなので、

○同じ機械で毎日、体脂肪を測る
○毎日、同じ条件で体脂肪を測る

事で、ダイエットを成功させるために必要な、体脂肪管理が出来るようです。

ただある程度の年齢、特に高齢になりましたらある知度の体脂肪が有ったほうが健康に生活できるようで、痩せているよりも小太り位がちょうど良いそうです。

最近の政府はメタボ対策、うるさく言ってますが、科学的、医学的に根拠がない指針を押し付けているようですね。
一応根本には健康保険の負担を少しでも減らそうって方針があるそうですが、どこでどう健康保険制度が破綻寸前まで行ってしまったのか詳細な説明がないままに、何時の間にかメタボ検診が実施されるようになってしまったのでありまして、今ひとつ納得が出来ないので有りますね。

追伸
えっと一応私は電子関係の学校を卒業していますが、人間の体に電気を流しましてその電気の通り方で体脂肪率が分かるのでしたら、テスターで抵抗を測るモードで体の電気抵抗を測れば、体脂肪が割りさせそうな気がするのでありまして、案外体脂肪計を分解しても中の仕組みは体の電気抵抗を測るだけの仕組みじゃないかと思っているので有ります。

たぶん今も雑誌、ラジオの製作(ラ製)が発行されていましたら自作の体脂肪計の作り方が掲載されていたのは間違いないと思うので有りますね。

このページのAI朗読【字幕付き】