ダイエットに理想の職場

普段働いている職場そのものが、ダイエットに理想の場所だったとしたら?
今回は、ダイエットに理想の職場について書いてみようと思います。

エントリーナンバー1
宇宙飛行士、毎日厳しい訓練に明け暮れて、食事もコントロールされて、毎日の健康管理もしっかりやってくれます。
なにせ宇宙食ダイエットなんてダイエット方法もあるくらいですからね?

けど、これはちょいとばかり、宇宙飛行士になるのは難しいようですので次に行きましょう。

エントリーナンバー2
刑務所の堀の中
毎日、規則正しい生活と懲役と言う名の労働と、質素かつ必要最低限の栄養素を守った食事で、しかも途中で挫折して出てくる事も出来ないわけですから、これぞ理想のダイエット・・・えっ職場じゃないですね?
それにそんな所には誰も入りたくないですしね?

気を取りなおして次
エントリーナンバー3
自衛隊です。
毎日の規則正しい生活、カロリー計算された食事、毎日ハードな訓練と正にダイエットには理想の職場ではないでしょうか?

エントリーナンバー4
ガテン系(土木工事などの肉体労働)
こちらは日雇いから正社員まで自分の好みで働き方を得られるメリットが有りますが、一日肉体労働で汗を流した後に職場の仲間とビールと一緒に高カロリーの食事に手を出してしまう可能性がかなり高いので有りまして、これには注意が必要でしょうね。

では、エントリーが4つ出揃いましたところで、最優秀の理想のダイエット職場を決定したいと思いますが、全会一致で自衛隊に決定させていただきますね?

まあ無職で水を飲んで暮らすって方法も無い事もないのですが、その場合は職場でも何でもないですし、ダイエットに成功しても今度は生命の危険が迫ってきてしまいますので、お勧めは出来ないので有りますね。

では皆様ごきげんよう、さようならです。

追伸

ふと思い出したのですが、その昔の話ですが北海道にタコ部屋ってのが存在していまして、粗末な食事で休みは無しの重労働で、脱出すらできない職場だったそうです。

そこではダイエットを通り越して栄養失調になる労働者が続出したと聞いていますが、まざに究極のダイエットに適した職場ですよね。

ただ今ではタコ部屋は姿を消してしまって言葉だけが残って居る感じでして、そのたこ部屋労働って言葉が一番残って居て使われると思われる産業が何とIT産業なのでありまして、たぶんプログラマーやSEの人が会社へ泊まり込みで長時間働く事が多いからでは無いでしょうかね。

このページのAI朗読【字幕付き】