ダイエットと喫煙(禁煙)の関係

このページはダイエットと喫煙の関係について、私の感じた事をそのまま書いたコラムですので、ダイエットと喫煙の関係について、医学的見地から述べているわけでは有りませんので、ご了承下さい。

と前置きをして、今回も勝手なことを書き飛ばしてしまうのであります。

禁煙に成功して煙草とサヨナラ、喫煙習慣が無くなった途端、何故か太ってしまった。
そんな声は、ここに取り上げるまでも無く、良く聞くことです。

煙草を止めたら、食事が美味しくなって何故か食べ過ぎてしまったり、禁煙して口が寂しいもんですから、代わりにチョコレートなどの甘いものに走ってしまったり、コーラをがぶ飲みしてしまったり、他の嗜好品やお菓子に走った結果、太ってしまう場合が多いようです。

では煙草はダイエットになるかといいますと、その逆のようでして、とある調査結果によりますと、喫煙者と非喫煙者を比べますと、喫煙者のほうが肥満の割合が随分と高いようです。

実のところ私も喫煙者でして、あまりエラそうなことも書けないのですが、喫煙者だからこそ書けることを書こうと思います。

喫煙者は(私のことですが)、我慢が出来ない性格の人が多いので、煙草が止められない、食事に対しても、制御力が少し弱いようで、ダイエットよりも、好きなものをお腹一杯食べていまいます。

喫煙者の私が出した結論ですが、あたらずとも遠からずって所でしょうか?

追伸

たばこの税金を大幅に値上げする話が出ていまして、喫煙者が減ったら果たしてデブが増えるのでしょうか?

またお菓子やガムなどの消費は増えるのでしょうか?

まあ健康に良くない事は止めたほうが良いのですが、趣味嗜好は人それぞれですし、好きで太っているならば、放っておいても良いような気が致しますが、健康保険の財政の関係上、喫煙もデブも国の政策によって撲滅しようとしているのが現代ですね。

追伸2
2008年に私は思い切って禁煙致しまして、既に半年が経ちましたので禁煙に成功したと言い切って良いと思いますが、お陰様で肥満の道へ進む事もなく、逆に禁煙成功と同時に始めた自転車のお陰もあって、体重は落ちてきているようです。

まあ良く考えますと禁煙もダイエットも両方とも意志の強さと言いますか、気持ちの持ち方で成功したり失敗したりする代物ですから禁煙に成功できる人は、ダイエットにも成功できる確率が高いのでは無いでしょうかね?

逆に言いますとダイエットでも禁煙でもどちらかに何度チャレンジしても失敗している人は、残りのもう片方も成功する可能性が低いって事が言えてしまいますけどね。

このページのAI朗読【字幕付き】