ダイエットとテレビの力(スキムミルクが手に入らない)

ダイエットブームですとか、ダイエットの流行廃りはテレビの力が大きいことをまざまざと感じた事がありました。
我が家では昔からスキムミルクを飲んでいたのですが、ある日を境にスキムミルクが手に入らなくなってしまいまして、どこのスーパーマーケットに行ってもスキムミルクが売り切れ完売、スーパーのほうでもスキムミルクが入ってこないそうです。

最初は、なぜスキムミルクが店頭に無いのかさっぱり分からなかったのですが、とあるスーパーマーケットでそこの店員さん曰く、先日テレビでスキムミルクの特集をやったお陰で、今までスキムミルクを飲んでいなかった人が一気にスキムミルクを買いに来たお陰で、店頭からスキムミルクがなくなってしまったそうです。

最近は、NHKのためしてガッテンを初めとした、各種テレビ番組で、様々な健康にまつわる話題や食材を取り上げて紹介していますが、この影響たるや広告宣伝を何億円使う比ではないほど、広告宣伝効果が高くて、あっというまに、取り上げられた物が店頭市場などで売れるそうです。

つまり、健康食品やダイエット食品は売ろう売ろうと宣伝広告をやることよりも、テレビで取り上げられたほうが数百倍の効果があるってことですね。

ただ先の納豆ブームのように安易な話題作りが先行しまして、いい加減な検証やデーターのねつ造によって、ブームを意図的に作り出す力も想像以上に大きいと感じてしまうので有りますね。

まあ昨今は人々がテレビを見なくなりまして、そのせいでテレビ番組に資金を提供する広告企業の確保にも四苦八苦していると伝え聞くのでありまして、そのせいで益々安易な番組製作が横行しまして更にテレビ離れを招いてしまうのでは無いでしょうかね?

それもまあ自分の力を過信して横暴な振る舞いをしてきたテレビ業界の自業自得と言えばその通りなのでありまして、まあ今後は更にテレビ番組の影響力は減少していくでしょうね。

追伸

ブームなんてものは短期間で盛り上がって、短期間で終焉してしまうんですが、スキムミルクダイエットに関しても同じようにブームが去って行ったので有ります。

手に入らなかったスキムミルクは簡単に購入できるようになりました。(いつもの事ですが最近はブームの期間が本当に短いですね

ただ、スキムミルクダイエットブームが去った後も、日常的にスキムミルクを飲む人が増えたようですので、業界としては良かったのでは無いでしょうか?

このページのAI朗読【字幕付き】