太った体型を誤魔化す方法

人は他人の目を気にしなくなったらお仕舞いだなんて言い方も致しますが実際のところ他人は全く自分の事なんて眼中に無いのに、一人でお腹の出っ張りを気にしたり太い足を目立たないように出来ないものかと思案したりするのでありまして、今回のコラムではデブを誤魔化す方法について考えてみたいと思います。

さて基本的には見た目だけ細く見せるまがい物なんちゃってダイエットの類に入ると思うのですけど、まぁ水着になるような無謀なことさえしなければある程度は誤魔化せてしまうのですよね?

例えばポッコリした幼児腹体型なんてものはサラシをきつく巻いてしまえば誰がどこから見ても引き締まったお腹と腹筋の持ち主に見えるでしょうし、全体的に太っていたとしてもウエストの部分さえくびれてれば体系的に恰好が良く見えて、あれがきっと太っているんじゃなくて鍛えあげて筋肉質なのかもしれないって勘違いしてくれるかもしれないですよね?

それから足が太いのを気にするのは主に女性ではないかと思いますが、誤魔化す方法としてはまずは丈の長いスカートを履くなんてのは当たり前ですし、ズボンやジーパンを着用する場合にはその昔に随分と流行りました裾の部分が広がったパンタロンタイプですとかラッパ型のズボンなどが宜しいのでは無いでしょうか?

まぁ着ていく服装で誤魔化すのは誰でもやることですからこの位に致しまして他の方法も少々考えてみたいと思います。

例えばどうでしょう思い切り巨大な肥満ちっくな人をいつも横に立っていて貰うなんて方法も有ると思うのですが、相当デブな人であっても小錦関ですとか曙太郎さんが隣にいれば、どうも痩せっぽちにしか見えないですし、か細く見えちゃう位だと思いますが難点と致しましてそーゆー人を確保致しましていつも隣に立っていて貰うのは至難の業って事でしょうね?

同じような手法でデブを誤魔化す方法として効果は少々小さいですけど、例えばハンドバッグとか手に持って歩く小物類を普通より少し大きめのものを使うってのも有りますよね?

これは人が大きさを判断するときに何かと比べて本体の大きさを判断致しますので、太った人が普通のハンドバックを持っていたら相対的にバックの方が小さく見えてしまってああこの人はデブなんだなって判断するわけですから、少し大きめのそれを持って立っているのは有効かな・・とも一瞬思いましたけど周りに何もない状態じゃないとかえって目立ってしまうかもしれないので注意が必要でしょうね?

何だかいつもなんですけど結局のところ駄文を書き散らかしてしまうのでありまして、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

このページのAI朗読【字幕付き】