貧乏ダイエット

基本的に肥満に悩む人が多いのは豊かな食生活を満喫する先進諸国に多いのでありまして、発展途上国ではそんな現象は先ずおこらないようですからその辺りを追求致しますと、多分効果的なダイエット方法が見つかるのではないかと思います。

では貧乏ダイエットの方法を考えてみようかと思いますが、まず安全確実に太らないためにはやはり日本国内に住んでいますと難しそうですから、家財道具一式を処分致しましてどこか食糧事情の厳しい貧しいお国にいって定住してしまうってのが一番でしょうね?

それでしたら例え外出してもコンビニもケーキ屋さんも有りませんから太る原因に近寄ることも無くなりますし、生水でも飲みましたらたぶん日本人なら直ぐにお腹お壊して一気に一週間で1キロのダイエットに大成功なんてことになる可能性が高いと思いますよ。

ただ残念な事にみなさん日本国内から出ていけない様々な諸事情があると思いますし、一体何のためにダイエットするのかわからなくなってしまいますから、海外での貧乏ダイエットはだれも実行しないでしょうね?

では日本国内での貧乏ダイエットについて考えてみることに致しましょう。

まぁわざわざ自ら進んで貧乏になる人はいないでしょうから、例えば食費とオヤツ代だけは思い切り切り詰めまして一人当たり一ヶ月の食費を3万円でそれ以上は絶対に使わないってのが妥当なところでしょうかね?

まぁそのためには食費に使う分だけ財布を別にしてしまうとか、家計簿を付ける必要も出てくるでしょうけどこの方法ですと、食費が随分と浮いてくることになりますので、貧乏どころか金持ちダイエットって事になりまして、3年後にダイエットに大成功した事に加えて貯金が100万円出来ましたなんて事になりますよね?

更に貧乏ダイエットを完璧に成功させるために食費を厳しく制限した上に夜間や休日には肉体労働のバイトに精をだしましたら、カロリー消費量は飛躍的に増加しますし、収入の方も比例して増えてくるのですからまさに一石二鳥のダイエット方法ですよね?

そんなわけで?書いているうちに貧乏ダイエットなのか金持ちになるダイエット方法なのかさっぱりわからなくなって来てしまいました。

追伸

何だか気が付いたら日本の元気がなくなってきていまして、どうもこのまま行けば三流国家に転落致してしまいそうですしそうなれば食料の多くを海外からの輸入に頼っているわけですから個人個人でダイエットに取り組まなくても国全体でメタボ対策を推進中って事になってしまいますね?

このページのAI朗読【字幕付き】