食欲を抑える方法

ダイエットを成功させるには食費を抑えてエンゲル係数を限りなくゼロに近づけていくか、食欲のほうを抑えて接種するカロリーを適正値を維持するか、毎日プールにでも通うなりテニススクールに通ってスポーツでエネルギーを大量消費させてダイエットに励むなど全ての道はローマに続くとは言えませんけど、とにかく方法としてはいろいろ有りまして今回のコラムではその中でも食欲を抑える方法について考えてみたいと思います。

さて腹が減らなければ食欲ってのは湧いてこないのでありますから、腹が減らないようにするか腹が減っても食欲を感じないようにするのか極論すればどちらかだと思います。

腹が減らないようにするには静かに横になるなり机の前の椅子に座っていて、水分補給だけはこまめに行っていればエネルギー消費は最低限に抑えられて、マメな水分補給のおかげで腹も減らないのですけど残念なことにこんな状態を毎日続けていったら体はやせ衰えていく一方ですし一体何のために生きているのかって哲学的な方向に思考が進んでしまいますから、ちょっとやってはいけないダイエット方法でしたね。

さて気を取り直しまして食欲を抑える方法について書きますが個人的にやっている方法と致しましたらやっぱり水分補給だけはしっかり行いまして、あとはノンカロリーのキャンデーとガムで空腹をごまかして、食事の時はよくかんでゆっくり食べるって感じでしょうかね?

まぁ私の場合はテレビが無くてビデオデッキも存在しない状態なんですが、仕事が忙しい時も別に忙しくとも何ともない時も仕事用机の前に座って食事する事が少なく有りませんが、食事しながらメールのチェックをしたり返信したり、気になるサイトを目で追ったりしていましたら別にダイエットとかに意識がなくても結果としてゆっくり食事をしていることになるのでありまして、少々お行儀が悪いですけど有りだとは思います。

他にも読書に熱中するとかスポーツとか趣味の世界に入り込んで食欲を抑えると言うよりも忘れ去るって方法が結構有効なので有りまして、下手に気合と根性で食欲を我慢するとやっぱり精神衛生上よろしくないと思うんですよね。

追伸
ふと思ったんですがどうやってやればよいのか分かりませんが味覚を鍛えまして、本物だけが持つおいしさに目覚めましてつまりその海原雄山になってしまえば、多くの食物は口に合わないって事になりまして、食欲が減退してしまうのではないでしょうか?

このページのAI朗読【字幕付き】