歯磨きダイエット

世の中ほんとうに色々なダイエット方法が有るもので、商業ベースに乗るとか儲るって事で商品化されるものも有りますし、過去にあったバナナとかオリゴ糖とか納豆のようにテレビの軽薄バライティ番組で取り上げられたせいで急に品薄になってしまったものも有りますが、誰が言い出したのか分かりませんが歯磨きダイエットなるダイエット方法を言い出した人が居るらしいので、今回はそんな事について書いて見ようと思います。

さててっきり重さが3キロくらい有る鉄アレイを結びつけた歯ブラシで歯を磨いたりするのかと思いましたら、どうやらそーゆー手の込んだダイエット方法でも何でもなくて、単に食事の後には丁寧に時間をかけて歯を磨くってだけの事で、何か食べる度に懇切丁寧に歯を磨く事で、間食するのが食後の面倒な歯磨きの事を考えて控えるようになるってのが原理らしいのですが、果たして効果の程は如何なのでしょうかね?

まぁ力を入れて磨きすぎると歯の表面にあるエナメル質が無くなってしまうとか、歯ブラシがボロボロになるのが早いとか、外出が多いサラリーマンやOLには難しいとかは有りますけど、副作用も一切ありませんし、費用も歯ブラシと歯磨き粉だけの安いものですし、歯も綺麗になって虫歯にもならないでしょうから、これでダイエット効果が高ければまさに言う事無しの夢のダイエット方法なのではありますけど、メタボ予防効果くらいはあっても、減量とか痩身レベルまで到達するには、相当厳しい歯磨きの修行をするか、コーチの元で3年くらいは精進しなくちゃいけないのでは無いでしょうかね?

もしくはですね、歯磨きをしなくて良いような食べ物しか口にしないで10日間過ごすってのはどうでしょうかね?

ロビンソンクルーソーが歯磨きしていたかどうかはわかりませんが虫歯にも肥満にも無縁の生活だったと思いますし、野生の動物なんてのは生肉とか木の実だとか草の葉なんかを食べていて虫歯になるやつもやっぱり居ませんし、肥満体の野生動物なんてのもお目にかかる事はありませんからね?

追伸
良く考えたら別に歯磨きを丁寧にやるって事だけに拘らなくて、歯を磨いた後には必ず腕立て伏せを二十回するとか、ヒンズースクワットを100回するとかの決まり事を決めて自分に課してしまって、必ず実行すれば歯磨きダイエットは盤石のダイエット方法になるのではないでしょうかね?

まぁ実際に行動する人が出てくるとは到底思えないですけどね。

このページのAI朗読【字幕付き】