一日二食ダイエット

基本的にダイエットってのは摂取するカロリーと消費するカロリーを考えまして、毎日山のように食べていても一日一キロ泳いでフルマラソンをやっていれば太る事は有りませんし、殆ど寝たきりでテレビばかり見ていても、一日に薄いお粥一杯しか食べなければ、痩せると言うよりも衰えるといったほうが良いと思いますが、とにかく太らない訳ですよね。

でまあやっぱりダイエット中でも一度食べ始めてしまったら中々ご馳走様が言えない人も少なく無いようですし、じゃあご飯を食べる回数を一日三回から一日二回に減らしてしまえば、食費も浮くし食事にかかる時間も節約出来るし、ダイエットにもなるって事で一石三鳥になれば良いのですが、そー簡単には事は運ばないですよね。

それに成長期ってのは少々太ろうと絶対にちゃんとした食事をして栄養を摂取する必要がありまして、高校生以下の人が朝飯を抜いて一日二食なんてのはもってのほかなので有りまして、この辺りは両親がちゃんと注意しておく必要がありますよね。

聞くところによると野生の動物は基本的に一日一食らしいですし、何日も餌にありつけなくて食べられる時にまとめ食いって芸当も朝飯前だったりするわけですが、人間の場合はそー便利に体の構造が作られておりませんし、生まれてから何年にもわたって一日三食を続けて居たところに、急に食事のリズムを変更しますと体調を崩してしまったりしますからね。

※一説によると不規則な食生活を送っていますと体が脂肪の形で体内にエネルギーを溜め込むようになるそうです。

ただまあ世の中には何年もにわたって一日2食の生活を送っていて健康な生活を送っている人も沢山存在して居ると思いますし、体調を無視すれば一日一食ダイエットとか更に禁断の領域に踏み込んで一日0食ダイエットなんて事も考えられなく無いですが、人間を超越した存在にならないと無理ですよね。

追伸
しっかしまあ日本の食糧自給率は半分を切っていて、エネルギーの大半を海外からの輸入に頼っていながら、肥満だメタボだダイエットだって事で、ダイエット関連商品は相変わらず売れているようですし、廃棄されていく食品は毎日もの凄い量って事なので有りまして、なんだか何処かが間違っているのですよね。

まあ贅沢な食生活を貪るよりも規則正しい食生活で荒れた日本も少しは穏やかになれば良いなって思いますが、どうもジャンクフードが氾濫していて、良くない方向に向かっていくのでありますね。

このページのAI朗読【字幕付き】