寄生虫ダイエット

このページは寄生虫ダイエットについて、私の感じた事をそのまま書いたコラムですので、寄生虫ダイエットについて、医学的見地から述べているわけでは有りませんので、ご了承下さい。

一体これは誰が考え出したのでしょうか?
ダイエットできれば良いってもんじゃないと思いますが。

とにかく書き始めたからには寄生虫ダイエットについて思うところを書いてみようと思います。

考え出したのはイタリアのオペラ歌手が考え出したらしく、体の中に寄生虫(サナダ虫)をわざと寄生させて、寄生虫に栄養を取ってもらうって作戦のダイエット方法だそうです。

驚く事に日本でも某大学の教授が実際に自分の体の中に寄生虫を飼っているって事実もあるそうです。

効果があるって話しもあるのですが、良い子は真似しないように・・・・

って言いますか、実際にやっていても人にはなかかな言えないダイエット方法だと思いますし、なにしろ気持ちが悪いダイエットじゃないですか?

まあ、独身の(家族が居たら家族が迷惑だと思います、パンツに卵がついているかもしれませんし)ゲテモノ好きの人向けのダイエット方法ではないでしょうか?

まあ気になる人は、目黒寄生虫博物館へでも行ってみて下さい。

入館料は無料だそうですし結構人間と寄生虫の歴史は古いようで、まあ長い年月上手に共生してきたって感じでして、一応日本古来の寄生虫はホラー映画のように人間をやっつけてしまわないで、静かに人間と共生していますからね。

追伸
そう言えば私の子供の頃は定期的に寄生虫の検査(ギョウ虫検査)があって、たしか寄生虫が見つかる子供はかなり多くて、ひょっとしたら半数を超えていたのかもしれませんが、そんな状態ですからダイエットに無縁の痩せた子供が多かったのでしょうかね?

つまりその食生活が豊かじゃ無かった時代で体の中に寄生虫を宿していましたら、そいつらが栄養分を吸い取ってしまいますからダイエットなんてしたくもないのに、勝手に知らないうちにダイエット状態になっていたのでしょうかね?

ただ、その昔に寄生虫を宿した子供が多かったのは、野菜などの農作物に農薬も余り使わないで自然のまま育てていたので、寄生虫の卵が付着していたようですが、まあそれはそれで健康的なのですけどね。

あとついでに書いておきますと、どうも日本人は清潔になりすぎてしまって、諸々の外からの刺激に弱くなってしまったようでありまして、寄生虫ダイエットもそのうちに出来なくなってしまうのでは無いでしょうか?

このページのAI朗読【字幕付き】