麦茶ダイエットと痩せるお茶

日本の夏は気温が高いってだけでなく湿度も同様に高いので、むっとした感じでクーラー無しでは耐え難い感じなので有りまして、最近は余り耳にしなく無くなったような気もしますが、不快指数なんてよく分からない不快度合いを示す係数なんてのも確かありましたよね。

で、夏痩せって言葉が有りますけどあれってつまり暑い夏に食欲が減退してしまって、麦茶ばかり飲んでいるからって事でそりゃ暑い夏は体力が消耗しますし、カロリー消費も増大するでしょうけど、体に取り込む栄養が麦茶とか冷や麦みたいな物ばかりでしたら、体重が減少するのは当然の事なので有りまして、夏やせの多くはもしかしたら麦茶ダイエットって事になるのでは無いでしょうか?

って事はですね、冬でも秋でもダイエットしようって思ったら、1日2リットルとか時間をかけて麦茶を飲むように致しまして、空腹感を抑えると言いますかご飯を食べる量を減らすために上手く麦茶を摂取しましたら、ダイエットに成功しそうな気もしますが、もしかしたら必要な栄養素が不足してしまってふらふらになってしまうかもしれませんし、そのあたりは空腹を忘れるために麦茶で腹を満たす事とバランスのとれた栄養摂取に気を遣う必要が有りますよね。

ただそう考えますと、別に麦茶である必要も無く蛇口をひねれば出てくる水道水をつかった水道水ダイエットでも、まぁ水道の水じゃ余りに味気ないからって事でノンシュガーにしたらコーヒーでも紅茶でも良いですし、ウーロン茶でも全く一緒なんですよね、たぶん。

でね、ダイエット食品の中には結構な割合でお茶系って言いますか痩せるお茶みたいなものがあるような気がするのですけど、そりゃーお茶なんて物はどれもカロリーゼロかそれに近いカロリーしか無いわけですから、そいつを摂取することで他の高カロリーの清涼飲料水の摂取量が減ったり、間食の量を減少させることが出来ましたら、どんなお茶だって立派な痩せるお茶って事になってしまうのでは無いでしょうかね?

追伸
ミネラルウォーターとかいわゆる美味しい水が発売されてその値段がコーラなんかと同じ値段でビックリしたのは遠い過去の話になってしまいまして、麦茶も何時の間にかペットボトルで買うのも普通の光景になってしまいましたし、水とコーラが同じ値段でも全然気にも留めなくなりましたよね。

ただ麦茶に限って言えばちゃんと煮出して作った奴の香ばしさは捨てがたい所なのですよね。

このページのAI朗読【字幕付き】