ヤギミルク(ヤギ乳)

最近話題の?ヤギミルクを飲む機会がありまして、せっかくなのでここに書き記しておこうと思う。
私は知らなかったのだが、一部テレビでヤギの乳、ヤギミルクが取り上げられたせいで、ヤギミルクが流行りだしているのだそうだ。

ヤギミルクがダイエットに利くかどうか等の問題はここでは触れないで、とにかく飲んでみた感想を書いてみようと思う。

飲んでみたヤギミルクはアメリカ産の粉末ヤギミルクです。

先ずはホットでつまりホットミルクですね。
先ず、最初に感じるのは臭い?匂い?
確かに牛乳とは違うにおいがします、匂いそのものは強くは無くほのかな香り程度なのですが、かすかな獣臭と母乳の匂いが混ざったようなかすかなにおいがします。

鈍感な人は感じないかも知れませんが、私はそんな風に感じました。
味そのものは、癖もなくあっさり飲める感じですね。

その後、冷たいヤギミルクをいただきましたが、こちらは匂いはほとんど分かりませんでしたので、匂いが気になる人は、冷たいヤギミルクから試してみると良いでしょうね?

かの肥満体国アメリカでは牛乳の代わりにヤギミルクを飲む人が増えているそうですが、確かアメリカには味覚音痴の人も多かったんですよね。

確かにミルク好きのアメリカ人ですから、代わりに水を飲むってよりも脂肪分の少ないヤギミルクを飲む人が多いのでしょうね?

ただ日本の場合にはダイエット目的であっても、独特の匂いが有りますので、普及はしないような気が致します。

追伸
2009年になりまして、何故か山羊ミルクが静かなブームを迎えているとの話を風の噂で?聞きましたが、その中身はと申しますと、何とペット用に山羊ミルクが売れているのだそうで、子犬とか子猫に与えますと牛乳よりもお腹を下す事が少ないのだそうですね。

まあ人間ですと(ダイエットの為であっても)あの山羊ミルク独特の獣臭のお陰で毎日欠かさず飲めるって人は少ないように思いますが、子猫ですとか子犬の場合は帰ってあの匂いが好まれるのか、結構喜んで飲むようですね。

ただまあ山羊ミルクは牛乳と比べてやはり割高になるのですが、ペット大好きな人には関係ない事のようでありまして、日本が不況に突入致しましても、ペット関連の支出は減らないどころかむしろ増加傾向に有るそうですから、捨てられるペットが大量にいて問題になっている反面、ペットに多額のお金を費やす人が存在するっていう、不思議な国になってしまっていますね。

このページのAI朗読【字幕付き】