パルスイートと人工甘味料

休日にスーパーのコーヒー紅茶売り場に立ち寄りましたら、なんと今でも人工甘味料パルスイートって販売継続中なんですね。(デビューしてから既に20年くらいは経過していると思います。)

人工甘味料といえばその昔はチクロとかサッカリンなどが有名ですが両者とも発がん性の危険性が指摘されまして日本市場から姿を消したわけですけど、チクロとかサッカリンが市場に出回った背景には確か、砂糖を使うと高いので安くて甘みを付けることが出来る代用品として開発されたはずです。

でパルスイートの話に戻りますがこちらは砂糖よりも高いのでありまして、カロリーの量を減らして甘さを味わえるってコンセプトですけど、個人的にはだったら最初から砂糖の使用量を減らして薄味に慣れてしまったほうが良いと思いますけどね?

まぁそう言えば確かパルスイートのテレビコマーシャルにはアン・ルイスさんが怪しげな名古屋弁で登場していたと思いましたけど、私の知識ではアメリカ人は一般的に大量に砂糖を摂取する肥満大国ですからアメリカ人のアン・ルイスさんには良かったのかもしれないですね?

思うに砂糖に限らず甘味を感じる味覚にも耐性だか慣れってのが有りまして、甘いものばかり食べていましたら徐々に甘味に対する感度が鈍感になって参りまして、そのおかげで徐々に砂糖や人工甘味料の使用量が増えてしまったりすることが有るのではないでしょうか?

試しに二週間くらいでも一切の砂糖も人工甘味料も食べないで徹底的に甘い物から隔離した生活を送ってから、砂糖をほんの少しだけ入れたコーヒーでも紅茶でも味わってみて下さい。

まず間違いなく物凄く甘く感じられますし、昔のように砂糖をスプーン一杯入れたコーヒーでも甘みが強すぎるくらいに感じられちゃうと思いますから?

追伸
確かに味覚の中でも甘味ってのはストレートに美味しさを感じやすいわけですし、間食やストレス発散に甘い物って人は実に多いと思います。

けどいつも甘い物を口にしているよりも間隔を開けてたまに食べる甘い物の美味しさが最高ではないでしょうかね?

虫歯予防にもなりますしダイエットにも有効ですから人工甘味料に逃げるよりもよほど効果的で経済的で健康的だと思います。

追伸2

最近すっかりアン・ルイスを見かけませんがどうされているのでしょうか?
パルスイートを愛用されていらっしゃることですから今でも昔の体型を維持されているのでしょうが、あの独特のパンチの効いた歌声とキャラクターが懐かしく思われるので有りますね。

このページのAI朗読【字幕付き】