日本酒

このページは日本酒ダイエットについて、私の感じた事をそのまま書いたコラムですので、日本酒ダイエットについて、医学的見地から述べているわけでは有りませんので、ご了承下さい。

日本人なら日本酒なのであります。

米から創った日本古来のお酒であり、何故か日本では神様仏様にも日本酒を供えることが多いのであります。

米をから作ったお酒ですので、カロリーが高そうな気がしますし、お相撲さんも日本酒を沢山飲んでいますし、日本酒を飲みすぎて体壊して、衰弱して痩せてもシャレにはならないのですが・・・・
とととと、日本酒をこき下すのが目的じゃございません。

日本酒のファンであります。

さて、話題を変えます。
日本酒をお風呂に入れて、湯船に漬かる
そーするってーと、体が温まって新陳代謝が良くなるそうで、確か私の記憶が正しければ、ピンクレディーの片割れミーさんも毎日、日本酒をお風呂に入れて入浴しているって聞いた事が有ります。

※食べ物を大切にしましょうって視点から考えますと、日本酒ダイエットはかなり無駄に食べ物を扱っているのでありまして、もしかしたら世界的に見て日本酒ダイエットは問題かもしれないですね。

なんだか、体には良さそうな気がしますが、お風呂に入れるよりも、飲んでしまうような気がします。

追伸

ふと思ったのですが、日本酒を入れた湯船に浸かって血行が良くなるのが日本酒ダイエットのからくりでしたら、バスクリンを入れても同じく血行が良くなりますしので、ダイエット効果が有るのでは無いでしょうか?

それと合成酒と有名な蔵元直送のものとではダイエット効果に違いは出るのでしょうか?

まあ良い心地は違うでしょうけどね。

追伸2
日本で昔から良く言われる事に本当の酒好きは、肴(つまみ)を殆ど必要としなくて、ひとつかみの塩があれば一升位飲んでしまうのだそうですが、まあまともに食事もしないでそんな事をやっていましたら、何処かで体に不調をきたしまして、ダイエットして無くてもやせ衰えると思いますが、日本には結構昔からそんな話は転がっているのでありまして、何と言いますか日本は酒とデブに甘いのですよね。

ただ最近はデブを見る目がきつくなってきていまして、メタボ検診などで包囲網が惹かれているので有りまして、酒に関しても飲酒運転に対する厳罰化が推進されてきておりますから、そろそろ酒とデブに甘い国を返上するのでしょうかね。

このページのAI朗読【字幕付き】