にがりダイエット

にがりと言えばお豆腐、以上ってくらい にがり のイメージは豆腐以外に思い浮かばないのですが、最近のダイエット方法で、その名も”にがりダイエット”なるダイエット方法が、急速に勢力を伸ばしているようです。

にがりって呼ぶくらいですから、きっと苦い液体で、良薬口に苦しって言うくらいですし、きっと苦いニガリを飲んで、苦さ故に体が拒否反応を起こして痩せるのかと思えば、どうやらそうではないらしいです。

ほんの少しだけ科学的?な事を書きますと、にがりの成分は塩化マグネシウムで、塩化カリウム、塩化カルシウム等々の数多くの無機塩類・ミネラルを含んでいるそうです。

何だか、塩化カリウムだとか、塩化マグネシウムだとか、塩分が高くて血圧が上がりそうな気がしますが、そうではないらしく、塩化ビニールも含んでいないそうです。

一応、その含まれている成分たちが、インシュリンの分泌を抑えたり(低インシュリンダイエットみたいな原理でしょうか)、脂肪の吸収速度を抑えたりするのが、にがりダイエットの正体らしいのです。

ただ個人的な感想としてはにがりはどう考えても食品添加物の一種にしか思えないのでありまして、そいつを摂取し続けてダイエット効果を出そうなんて事は何となく違うような気がしてしまうので有りまして、同じように感じている人は少なく無いのでは無いでしょうかね?

にがりを使った食品の豆腐でありますが、にがりの代わりに豆腐を食べて同じ効果が出るかどうかは,目下研究中なのであります。

追伸

ブーム到来かと思った、にがりダイエットですがその後、大量摂取、過剰摂取はミネラルの吸収を阻害するとか、下痢になるって事で急速に冷めていきましたね。

※とある調査の結果でも”にがりダイエット”は科学的な根拠が無いって事を指摘されまして、今では実行している人は皆無でしょうね。

まあ下痢になれば、急に体重は落ちて確かにダイエットと言えなくはないのですが、これは体の中の水分が出て行っただけで、脱水症状のようなものですから、駄目ですよね?

といったところで、かつてこんなダイエット方法も有ったねって感じで、歴史の中に埋もれて行くので有りますが、次から次へと新しいダイエットが出てくるのは一体全体誰が探し出してくるのかよく分からないので有りますが、テレビのダイエット番組が視聴率稼ぎなのか、それとも制作費の関係で充分な検証なしで適当にダイエットをねつ造してしまうのかよく分かりませんが、ダイエットの新しい種が尽きる事は無いので有りますね。

このページのAI朗読【字幕付き】