ディスコとダンス

今回のコラムもまた昔の話しから始まってしまいますが、今から25年ほど前の私にもあった青春時代は道に迷っているばかりでもありましたが、ディスコ映画サタディーナイトフィーバーが大ヒットしまして田舎の街でもその手の施設が出来てしまったディスコがブームだったあたりが私の青春時代です。

さて当時の記録映像ですとかディスコが流行った頃の映像を見てみても、たぶん肥満体を揺すってディスコで踊りに興じている人は見かけないのでありまして、何時間も激しく踊るしかも楽しくダンスに興じるのでダイエット体操をやっているようなものなのか、もしくはディスコに行くから事前に体型を気にしてダイエットに励んでから出かけたのか知りませんけど、少なくとも入り口でチェックしてメタボな人は入場お断りなんてことはしなかったと思います。

でね確か少し前にビリーズブートキャンプなる激しい運動でまぁ確かに相当な運動量ですから痩せるでしょうけど、あっという間に廃れてしまいましたけどやっぱ運動系のダイエット方法ってのは楽しくないと長続きしないのでは無いでしょうかね?

※確か私の青春当時はジェニー中尾さんって外人の女性タレントさんがエアロビクス体操を流行らせていた記憶がありましたが、楽しさで言えばこっちのジェニー中尾さんのエアロビ体操が上かな?

で私の記憶の限りの話ですが、当時のディスコの料金は入場料に2~3千円程度払ってしまえば、中はフリードリンクで喉がかわいても大丈夫でしたし何時間でも閉店まで中でディスコダンスに興じることが出来たのでありまして、他のダイエット運動関係と比べて一番楽しく痩せる方法だったような気が致します。

まぁ私の推測ではバブル経済がはじけ飛んで一緒に巻き添えをくってディスコも衰退してしまったと思っているのでありますが、もしあのままねごく普通のどこの街にも普通にディスコが生き残っていれば、青春時代に随分と通って今ではすっかり中年太りを気にしてダイエットに励まなくちゃいけなくなってしまった、私の同年代の方たちが痩せるためにディスコにもう一回足を運ぶなんて事は無いでしょうかね?

なにせ多くのいや大部分のダイエットが長続きしないのはつまらないとか、苦痛を伴なうものでしたり飽きちゃうとか色々理由はあると思いますけど多少は効果が低くても楽しくて楽しくて毎日でもやりたいって内容でしたら長続きしてダイエット効果を発揮するのでは無いでしょうかね?

そーゆー意味ではディスコなんてはうってつけだと思うのですけどね。

追伸
大ファンだった大場久美子さんがディスコドリームを歌っていたことも何故か思い出してしまったのです。

このページのAI朗読【字幕付き】