ダイエット合宿と自衛隊

確かずいぶんと昔になりますけど、ダイエットに理想の職場ってコラムで自衛隊がそれにあたる何て事を書いた記憶が有りますけど、自衛隊では入隊希望者対象に体験入隊を受け付けているそうで、基本的に一泊二日で色々と体験できるそうですね。

でね、いつものとおり勝手な事を書くわけですが入隊希望かどうかに全く関係なく、2週間くらいの体験入隊を妥当な費用を貰った上で実施しますと、結構理想的なダイエット合宿になるのでは無いでしょうかね?

なにせ朝早く起きて、体操ですとか行軍(行進)ですとかとにかくほぼ体を動かす事になるでしょうし、食事のほうもちゃんと栄養士の人がバランスを考えて居るメニューで、夜中に抜け出してラーメン食べに行ったりも出来ないと思いますから、そーゆー規則正しい生活を2週間も送りますと、それなりに引き締まった体になって更に体力のほうも増強されて合宿生活から帰ってくる事になるのではないでしょうかね?

ただまぁ自衛隊の体験入学はあくまで入隊希望を前提と人の為に用意された合宿で、そーゆー事は絶対にしないでしょうけどね?

更に自衛隊の存在や隊員の方ってのは国防とか国の安全を守るために、体を張って日夜訓練を積んでいるわけですから、ダイエット目的で訳の分からない人が入り込んできても迷惑になるだけでメリットは先ず無いでしょうからね?

それに、私の知っている限り自衛隊の隊員さんで肥満体の人ってのは、お目にかかった事がないのですけど、つまりそのバランスが取れていて適度な食事量と、ある程度体を動かしていれば別にダイエット食品を購入する事も、何だか分からないダイエット器具を購入することなく、適切な体重と体型を維持できるって事ですよね。

まぁそれでしたら、何処か山奥のコンビニエンスストアも外食産業も一切無いような場所の工事現場で賃金を貰って働きながら体を鍛えつつ、更にダイエットにも効果的って方法のほうが、お金も貰えるし、断然良いのかもしれないですよね?

追伸
不況の影響とか安定志向とか国防意識の高まりとか理由は色々でしょうけど、自衛隊に入隊希望する人が増えたって聞いたのですけど、これは喜んで良いものなのか、それとも景気が良くて国防の事など考えなくても良い時代のほうが良いから悲しむべき事なのか分かりませんけど、とにかくそーゆー時代なんですってね?

まぁ私が若い時代には自衛隊と言えば隊員希望者がとっても少なくて、人材の確保にとっても苦労していた記憶が有りますからね?

このページのAI朗読【字幕付き】