体重計でダイエットのアイデア

えっと聞くところによりますと、毎日必ず体重計に乗って自分の体重を量っていると、過半数の人の体重は現状維持かもしくは減少(ダイエット)方向に向かうのだそうで、そんな話を聞きましたらふと新しいダイエット用の体重計のアイデアが浮かんだので、忘れないうちに書き残しておこうと思います。

さてその体重計の原理なのですが、自分で決めた体重よりオーバーしてしまうと足の裏に張りが突き刺さるとか、電撃ショックで気を失うとか、近所の人が思わず外に飛び出してくる程の大音量のサイレンが鳴り響くとか、もう太ったら酷い目に合いますよ体重計ってのは売れないでしょうかね?

まぁ安全性の確保だとか誤動作をどうやって防止するかだとか、クレームの対応だとか万が一心臓の弱い人が使ってしまって事故になった時の対応だとか、製造コストの問題だとか幾らアイデアが素晴らしくても、製造に乗り出すメーカーは居ないと思いますけど、何が何でも絶対にダイエットに成功しなくてはならない方でしたら、オーダーメイドで何処かのメーカーに作って貰ったら如何でしょうかね?(特許は取ってないので勝手に作って、可能であれば世間に売り出して頂いても構わないです)

さて、冗談はさておきましてダイエットに何度挑戦しても成功しないで次々と新しいダイエット方法が出る度に試しているなんて人は、はっきり言ってやる気がないって事以外に何者でもないのでありまして、もし本当に体重計の足が乗る部分に毒針でも仕組まれていたら、まぁ食事制限をして運動をして間違ってもメタボ体重に向かう人は存在しないので有りまして、旨い物でも大好きなおやつでも我慢できてしまうのでありますよね。

そんな訳で、燃焼系とか吸収制御系とかダイエットの系統に新たに苦痛系ダイエットなんてものを加えますと、結構なダイエット効果が期待できると思われますが、どうも購入者が限り無くゼロに等しい可能性が高いため、世の中に商品になって出ては来ないのですよね。

追伸
最近は体重計に並んで体脂肪計なる体の中の体脂肪の割合を計る機械が発売されていて、結構な売上げを上げているようなのですが、どうも誤差も大きいようですし体脂肪率が高いとか低いとか言っても体脂肪の種類も色々有るようですし、私には何のために存在しているのか良く理解が出来ないので有ります。

あれも体脂肪率が上がってしまったら、手で握っているところから高圧電流でも流れると結構面白いと思いますけどね。

このページのAI朗読【字幕付き】