ルームランナー

今回のお題はルームランナーであります。

ダイエット器具の草分けのような存在で、未だに現役なのであります。

ルームランナーと言えば、使われないで押入れの隅に仕舞われる代表選手のような気がしないでもないのですが、書き始めたからには書き進めましょう。

ルーム(部屋)ランナー(走る人)つまり室内を走る人を指すわけで有りまして、機械のネーミングとしてはイマイチずれている気がしないでもないのであります。

さてそのルームランナーですが、世界を旅して調べた人の友達に聞いたところによりますと、ルームランナーには2種類有るそうです。

一つは、そのまま足踏みの状態の形で体重計の友達みたいなタイプ
もう一つは、ローラーにゴムのマットが巻きつけてあって、ローラーが回転して下のゴムが後ろに動く事によって、普通に前に走る感じで走れるタイプ。

どちらも、走行距離や高級機になりますと、脈拍や消費カロリーの目安が表示されるようです。

まあ雨の日なんかは良いのかもしれませんが、外をいつでも走れるような、安全で空気の綺麗な日本であればルームランナーは不要なわけでして、ルームランナーが売れる日本ってのも、不安な感じがするのであります。

追伸

ルームランナーも随分と進化してきているようでして、一昔前の足踏み式も未だに存在していますが、走るスピードに応じてモニターに映し出された景色が動くとか、脈拍や血圧も表示されるなんて当たり前のようですね。

ダイエットの為に走るのは有効なのですが、それほどお金をかけなくても、外を走ったほうが、ダイエット効果は高いような気がするので有ります。

追伸2
何だか日本の治安も随分と悪くなってきまして、通り魔に遭う確率も都心でも地方でも高くなってきてしまったのでありますから、いつでも安心して足腰の鍛錬にランニングをするのでしたらルームランナーって事になってしまうのでしょうかね?

まあ自分が通り魔の被害に遭う心配だけでなく、時間帯によっては住宅街をランニングしていますと不審者として通報されてしまうのが今の日本の現状なので有りますから、ルームランナーの活躍の場は広がっていくのかもしれないですね。

ただ日本の場合は結構マンションとかアパートとか集合住宅が多いわけで下の階にもろに振動が響いてしまう作りが圧倒的だと思いますので、その辺りを事前に調べませんと購入しても、使えないって事になってしまいますよね。

まあ平気でいつでも外を走れる世界一安全な国に戻って欲しいのですけどね。

このページのAI朗読【字幕付き】