スタイリーの記憶

よくわからん外人さんがテレビに出てきまして”ワタシニデンワシテクダサーイ”日本史上最大のダイエット器具ブームを巻き起こした”スタイリー”を知っている人は1960年代以前に生まれた人でしょうね。

私もおぼろげな記憶なのですが、器具の上に乗ってシーソーみたいに体を曲げたり伸ばしたりする機械じゃなかったでしょうか?

まあおぼろげな記憶なのでスタイリーの事はこの位にしておきますが、スタイリーがテレビショッピングのダイエット関係器具の先駆けだとしまして、昔も今も何故かダイエット関係は外人さんがキーワードになっていると思います。

日本生まれのダイエット器具はヒットしなくて何故か? アメリカとかヨーロッパからダイエット器具は入ってきて、外人タレントやモデルさんがCMに出てくるのが圧倒的に多いような気が・・・じゃなくて事実、ダイエットの世界では外人さんが強いよね??

ダイエット食品では中国が強いしね?

ここは、日本から豆腐とか日本食のダイエットでアメリカとかヨーロッパに逆襲してほしいですね♪

追伸

スタイリーのほうはすっかり知らない人のほうが多数派になってしまった気がしますが、日本食はダイエットに効果的って事ですっかり世界中に広まるようになってきましたね。

ただ、副作用?として全世界的な鮨ブームのお陰で、生魚を食べる習慣が出来てしまって、海産物の値段が上昇してしまっていますね。

外人さんにはアボガド巻きでも食べていてもらって、スタイリーでも使ってダイエットに性を出していて頂きましょうね。

脈絡のない文章で申し訳ありません。

追伸2
記憶を辿って書いていますからよく間違えたりもするのですが、確かスタイリーが販売された当時は、まだ肥満に悩む人は少なくてダイエットなんて言葉は登場していなかった頃ではないでしょうかね?

ですからスタイリーは痩身器具と言うよりも、外人さん(といっても日本人にとって当時の外人さんは白人アメリカ人の場合が多いと思いますが)のようなスタイルを手に入れましょうって感じで販売していたので有りまして、その為にネーミングもスタイリーって付けたのでは無いでしょうかね?

まあスタイリーの登場によって日本人の体型が変化したかどうかは不明なのでありますが、少なくとも日本人にスタイルや体型に対する関心ですとかを喚起した部分は有るのでは無いでしょうかね?

そんな訳で日本に始めてブームを巻き起こした(と思われる)ダイエット器具のお話なのであります。

このページのAI朗読【字幕付き】