ドライフルーツダイエット

このページはドライフルーツダイエットについて、私の感じた事をそのまま書いたコラムですので、ドライフルーツダイエットについて、医学的見地から述べているわけでは有りませんので、ご了承下さい。

今回のコラムは”ドライフルーツダイエット”なのであります、ドライフルーツダイエットはドライフルーツを食べれば何か体に作用して痩せるって感じではなくて、太らない為に、ジワジワっと補助的に食べる食材ってのがポジションのようです。

ドライフルーツは糖分が思ったより少ない割りに、甘く感じるとか、食物繊維が沢山含まれているとか、腹持ちが良い等々の、ダイエットに適した特徴を備えているのがメリットだそうです。

ですから、ドライフルーツを大量に食べれば、当然の事ながら太りますからダイエット効果が有るって意味合いは薄いのかもしれないですよね。

つまりお腹が空いたときに、ファーストフードを食べるとか、スナック菓子を食べるよりも?ドライフルーツをちょいと食べて、空腹を我慢するってのが、ドライフルーツダイエットの本来の姿なのでしょうね?

ただまあ個人的な感想ですが、ドライフルーツと普通の果物を比べますと、随分と値段が違ってしまって同じ量の果物を普通に摂取するのとドライフルーツで摂取するのとを比べましたら、経済的には数倍の数倍の負担増になりますし、ドライフルーツが美味しいと言っても、新鮮な果物には勝てないと思いますし、腹持ちがよいのでダイエット効果が有るって言っても腹持ちがよいって事は消化が悪いって言い換えても良いのでは無いでしょうかね?

追伸

けどまあ、ドライフルーツなんてものはその昔、冷蔵や貯蔵や運搬が発達していなかった頃に生まれた、果実の貯蔵技術なのでありまして、カロリーが低いって事実は認めますけれど、わざわざダイエット食品として摂取する必要はないんじゃないかって思うんですよね?

だってそのまま生の状態で食べたほうが美味しいですし、ビタミン成分もたくさん入っているのでありまして、何の為にドライフルーツダイエットが存在するのか、私には理解出来ないので有ります。

好きで食べる分には全然かまいませんけどね。

追伸2

確か遙か昔にダイエットに関係なしにコマーシャルの影響でバナナチップなるバナナのドライフルーツが流行った事がありますが、何時の間にかバナナチップのブームも終わってしまいまして、ドライフルーツは一般に馴染みが薄くなったような気がしますね。

このページのAI朗読【字幕付き】